【2016夏フェス】「昆虫はみんなアーティストでミュージシャン」DJ バンドエード インタビュー前編【HANAUTA出演者】

シェアする

ジメジメとした梅雨が終わり、今年も暑い日が続いている。

これに追い打ちをかけるように830日、日本でもっとも熱いフェス「HANAUTA FES」が行われる。

ハナウタ
このHANAUTA FESのメインDJであるDJバンドエードにインタビューするため、私達HANAUTA FES総合企画部署の取材班は都内某所にある雑居ビルを訪れた。

連絡先などが分からないので、アポなしでの取材である。

古びたビルはおそらく築60年ぐらいであろう。我々取材班は恐る恐るそのドアを開けた。

すると中はDJブースにスピーカーのみしかない。他のものは何も置いていない。

そしてスピーカーの陰から1人の男がヒョッコリ顔を覗かせた。

bandadd2

↑DJバンドエード登場。

ーあ、どうもこんにちは。突然ですが、もし良かったら少しだけお話を伺えないかも思いまして

男は部屋の隅にあったパイプイスを二つ出し、対面式に並べ無言で座った。

取材OKということだろう。

ーありがとうございます。それでは、インタビュー形式で質問していくので答えられる範囲で構わないのでよろしくお願いします。

DJバンドエード(以下エード)

………….。

ーそれでは初めにですね、DJバンドエードさんはどのような音楽を創っているんでしょうか?

エード

………….。

………….ふふふ。

ジャンルに囚われない音楽を作っていますよ。

今特に取り組んでいるのは、昆虫の世界と音楽の融合です。
昆虫の持つ音楽性を、曲の中に閉じ込める。この二年間そんな作業に明け暮れてますよ。
虫たちは教えてくれるんですよ。

ー昆虫ですか?いや~私達も色んな方にインタビューしていますが、昆虫と音楽を合わせるというのは初めて聞きました。
昆虫の音を音楽に載せてるということでしょうか??

エード

うーん実際乗せてるってわけではないかもしれないですね。こう、音楽と昆虫をガツっと融合させてる感じですね。

昆虫たちはね、それぞれがアーティストですし、ミュージシャンなんですよ。

例えば夏のセミや秋のスズムシは皆さんも馴染み深いと思います。

鳴かない虫でも、ちょうちょはパンクロックをやっていますし、意外とアリジゴクがゴスペルっぽい表現をしたりしてるんです。

全然地獄じゃないじゃないか!って突っ込んでますよ(笑)

477036

↑アリジゴクはゴスペルが好き?

ーなるほど、昆虫それぞれにジャンルや音楽性が違い、その違いがバンドエードさんには分かるということですね。

エード

そしてそこで得たインスピレーションを音楽に昇華させる。

曲作りをしていると、虫たちが指導してくれるんですよ。
「次はミファドにした方がいいよ~。もっとデクレッシェンドを何重にも重ねたらどうだ~い?」なんて具合にね。

onpu075

↑デクレッシェンド。だんだん弱く。

ー虫たちが知らせてくれるんですか?!っていうことはバンドエードさんは虫とコミュニケーションが取れるということでよろしいでしょうか?

エード

うーん、まあなんとなく虫のメッセージが分かるような感じですかね。大体ですけど。

例えばカブトムシって茶色い羽根の下に白い羽根が隠れてるじゃないですか?分かります?普段はしまってある白っぽい透明な羽根。(そう言うと彼は、紙にカブトムシの図を描き出した。これが上手い)

8e0319b8bd117910ee2839a5b39a96f8_s

↑カブトムシ。元々は幼虫からスタート。

あの白い羽根がはみ出てたときがあって。

あ、これは「もっとはみ出していけよ」っていうメッセージなのかなと思ったり。

「うるせーよ虫けら!」なんて口では言い返しながらも、曲にちゃっかり反映しちゃったりして(笑)

ー「うるせーよ虫けら」って言っちゃうんですね。笑

でもカブトムシの絵すごく上手ですね!やはり日頃から虫を観察してるだけありますよ。

それにしてもカブトムシの羽根を見ただけでそこまでメッセージとして受け取るバンドエードさんは流石だと思います!

エード

アーティストとしてのアンテナを立てようと意識しすぎて、虫の触覚みたいなものが立っちゃったんですかね(笑)マハ(笑)

bandadd2

↑バンドエード・ジョークを飛ばすDJバンドエード

ーいや~なかなか素晴らしい発想だと思います。

では本題なのですが、今回このHANAUTA FESでメインDJとして出演されますが、どんなステージにするか構想などは決まってるんですか?

エード

お、ステージについての話ですね。では真面目モードになります。音楽に関しては本気なのでおちゃらけてられません。(エード氏の目つきが変わった)

今回のテーマは「純粋」です。

挑戦的な試みをしますよ。機材関係もかなり攻めた配置を考えています。

まずDJブースの脇に22台の空気清浄機を置きます。

当日はかなり綺麗な空気に包まれるはずです。

476295

↑空気清浄機は、空気の清浄化に欠かせない。

ー22台の空気清浄機ですか!確かに相当純粋な空気になりそうですね。

これはアーティストとしても初の試みではないでしょうか。新しすぎてなんと言ったらいいか

エード

それから使用するレコードには全て、エベレストで取れた雪解け水を霧吹きで吹き掛けます。これをするとレコードも「あらぁ涼しい」って喜びますからね。

あとはステージ上に甲子園の砂を撒いたり、コーラスには子犬と子猫を用意したり。
とにかく純粋そうなものばかりを集めるんで、楽しみにしててください!

ステージの話をするバンドエードは、まるで少年のような表情になる。

後編では、新曲に関する裏情報や大物とのコラボレーションについて、余すところなく語ってもらった。

【2016夏フェス】「失敗はアートに必要なイノセンス」DJバンドエード 独占インタビュー後編【音楽】
前回、昆虫とのコラボについて熱く語ってくれたDJバンドエード氏。 今回は引き続きHANAUTAフェスのステージ内容について聞い...

HANAUTAフェスの詳細はこちら

fesbanner

スポンサーリンク
【2016夏フェス】「昆虫はみんなアーティストでミュージシャン」DJ バンドエード インタビュー前編【HANAUTA出演者】
この記事をお届けした
樹クリエイションの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

フォローする

スポンサーリンク