ヘッドハンティング – 優秀な人材を企業から引き抜く会社泣かせの怪物【愉快な生き物図鑑】

科目 ウシ科
体長 測定不可
分布 北アイルランド
主食 リストラ候補社員

ヘッドハンティングの生態

3年に1度、各企業から優秀な人材を引き抜いてくる。

引き抜きにあった企業は1年ないし2年以内に新しい人材を確保しなければまた同じ目に合う。

WBO(世界企業機構)では毎年ヘッドハンティングの被害にあった企業への援助も行っているが追いつかないのが現状。

しかし近年では人材不足から、 ヘッドハンティングに対しヘッドハンティングし返す自殺行為とも言える行為を働く企業も現れている。

ヘッドハンティングにあった主な企業

SANY、サムシン、ナップル・··etc

シンポジウムが開催された

このような事態に対して企業や労働者としてどのような対策が取れるのかを議論するシンポジウムが開催されました。

シンポジウム "ヘッドハンティングと企業のあり方" 〜労働者に何ができるのか〜
昨今世界中で優秀な人材を引きぬいては企業を困らせている恐怖の生き物「ヘッドハンティング」 ヘッドハンティングがどんな生き物なのかよく知...

電子書籍版も売っています

新種発見!69匹の愉快な生き物図鑑