お部屋探しや住み始め、退去において気をつけるべきことを考えてみた その1

シェアする

3月になり、これから新生活が始まるという方も多いと思います。

私ラグオは内装業、特に賃貸の原状回復をメインに仕事をしているのでこの時期は鬼のように仕事が回ってきています(^_^;)

また過去に引っ越す回数も多く部屋を探す機会も割りと同世代の中では多いんじゃないかなと思います。

そこで今回は、こういう時期ですのでお部屋探しをする際の私なりのコツだったり住み始めや退去する時に気をつけるべきことをまとめてみようと思います。

スポンサーリンク

不動産屋は最低3箇所まわろう

部屋を探す際は学校や職場の位置などを考えて「このあたりに住めたらいいな〜」と考えている地域があると思います。

住みたい地域の大体の目星がついたら、まずはその辺りにある不動産屋さんを探しましょう。

今はインターネットで探すことも出来ますが、実際は既に入居が決まっていたり、いわゆる客寄せのための「見せ物件」であることも多いです。

直接不動産屋さんに出向いたほうが情報も最新だし手っ取り早いです。

自分が部屋を探す場合の手順としては、、、

  1. 予算や条件を大体決めておく

まぁこれは当然ですよね。地域により相場があるので予算はそこを調べてから決めることをオススメします。

条件というのは駅から何分とか近くにスーパーがあるとか、部屋に間取りのことですね。

2. まず一軒目の不動産屋でいくつか物件を見せてもらう

予算や条件を不動産屋さんに伝えて、なるべく条件にあう物件でいくつか見せてもらいます。

ここで注意をして欲しいのが、簡単に好条件の物件は見せてくれないということです。

内装屋をやっていると「ここの建物やたら空き部屋多いな」と思うマンションやアパートをよく目にします。

不思議なこと?に、空き部屋がある建物って本当になかなか埋まらないんですよね。

いつも満室のところは空き部屋が出てもすぐに埋まることが多いです。

やはり人気のある建物は極論、放っておいても埋まるわけです。

不動産屋は建物のオーナーと一緒に商売をしてるようなものですから、不動産屋としての腕の見せどころはそうした空室になりがちな物件をいかに埋めるかというところにあると思うわけです。

そうした事情もあり、はじめから条件にピッタリ合うような物件はなかなか見せないと思います。

最低30分くらいは粘ってみて、どんどん出してくる物件を吟味しましょう。

そしてその中で「ここが1番良いな」と思えるところをピックアップしましょう。

3. 一番良い物件を決めたらそれも持って次の不動産屋へ

この作業がとても重要です。

先述のとおり、不動産屋さんは出し惜しみしがちですので初めの方に出してくる物件なんか見てても時間の無駄になってしまう可能性が高いです。

それならば、最初から「これより良い物件ありますか?」というスタンスで行ったほうが話が早いわけです。

物件を出し惜しみしてくるとは言いましたが、不動産屋さんだって「入居を決めたい!」という気持ちは当然あるわけです。

「懐にしまってある好条件の物件を出すべきか、、、いやこの人ならここで決まるかも?」

そんな駆け引きが心のなかであるのでしょう。(まぁ実際は知らんけども)

割りと条件の良い物件を持ってきたお客に対して、それより悪いものを見せても入居が決まるわけがないですよね。

2番目に訪れた不動産さんでも、その中で1番良いものをピックアップしましょう。

そして1番目と2番目でもらった物件を持ち、また次の不動産屋さんに向かいます。

この方法であれば効率よく好条件の物件を集めることが出来ると思います。

また、もう一つの利点として「判断がしやすい」ということがあります。

たくさんの物件候補があると、「この部屋はここが良いんだけど、こっちはこれがあるしな〜」という感じで比較対象が多すぎて、最終的に考えるのが面倒くさくなってしまうと思うんです。

少なくとも私はそうなってしまいます。

なので、この方法であればよっぽど多くの店を回らない限り数が集まりすぎることもないし、冷静に判断が出来ると思うんですね。

少なくとも3箇所は回ってそこで集めた物件の中から最終決断をしましょう。

最近ですと不動産情報を共有しているところも多いので、一箇所で粘っていてもそれなりの物件はいくつか出てくるとは思います。

ただ、その不動産屋さんにとっては優先的に決めたい物件というはそれぞれの事情で変わってくるもの(オーナーから「いつになったらこの部屋埋まるんだよ!」と急かされてるとかね)ですので、やはり複数のお店を回ることを私はオススメします。

今回はお部屋探しについて書きましたが、実際に部屋が決まってから、または退去する時に気をつけるべきことも書いてみようと思います。

スポンサーリンク
お部屋探しや住み始め、退去において気をつけるべきことを考えてみた その1
この記事をお届けした
樹クリエイションの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

フォローする