【iPhone6s】ワクワクが止まらないApple2015新機種【iPad Pro】

シェアする

そろそろスポーツジムに入会しようと企んでいるラグオです。毎年、夏が過ぎてからカラダを鍛えようとしている気がするな。。。

さてさて、毎年といえば毎年恒例の9月9日!Appleの新機種が発表されましたね!!

どこのメディアも狙ったように速攻で記事を上げているなか、あくまでマイペースに今更新製品の感想を語らせてもらおうと思います。

スポンサーリンク

Appleが発表した新機種のまとめ

iPhone6s,iPhone6s plus 日本発売は9月25日

まずは毎年ド定番のiPhoneの新機種ですね。

iPhone6sとiPhone6s plusの一昨年から続く、いわゆる「ナンバリングの後はsが付くシリーズ」です。

iPhone通の間では、この「Sシリーズが出るのを待つ」のが常識と言われているとかいないとか。

ナンバリングの変化で新しい試みを仕掛け、Sシリーズで完成させるという流れがあるようです。(今回についてはそうでもない気もする)

この2機種についての情報を見てみて個人的に感じた特徴と感想を述べてみたいと思います。

詳しい情報を見たいという方は他サイトをご覧ください。

まず、特徴をまとめると

  • 両機種とも画面サイズは変化なし
  • 少し重くて少し厚くなった
  • 3D Touch機能の追加
  • 処理速度の大幅な向上
  • 通信速度の向上
  • 4K対応のカメラ搭載

といった感じでしょうか。

やはり気になるのは3D Touch機能の搭載ですね。

3D Touchというと、まるで「3D映像に触れるというアレか!!ついにそんな時代が!?」と勘違いしてしまいそうな名前ですがそうじゃないです。

今年に出たMacbookにも搭載されている「感圧タッチパネル」の技術を使うことにより、「タッチの強さ」を感知することが出来る機能です。

これによって「軽く押したらこう」、「強く押したらこう」と動作を変えることが出来るので、操作性が劇的に変化することが予想できます

もうひとつ気になるのはカメラが4K対応になったということですね。

実を言うと4Kが何なのか筆者はよく分かりません笑。「とにかく高画質ってことでしょ?」と認識してます。まちがってないはず!

家電量販店で4K画質のTVを見てみると確かにすごいですもんね。あれがiPhoneにも搭載されるわけです。

気軽に高画質撮影が出来るようになるので、撮影するのが楽しくなりそうですね。映像で何かしたいと企んでいる我々樹クリエイションメンバーからすれば嬉しい変化です。

自撮り大好き女子に朗報!セルフィー機能が充実

カメラ機能で地味に良いかもと思ったのは、暗い場所でも自撮りがしやすいようにディスプレイ自体がフラッシュになる「Retinaフラッシュ」が搭載されるということ。

「小さいフラッシュじゃ足りない!もっと明るく!!もっと綺麗に撮りたいのよアタシは!!!Facebookに上げるんだから!!!!」という自撮り女子には嬉しい機能ですね。

自分は自撮りなんてしませんので、「暗いところで探しものがしやすくなるのぅ。。。フガフガ」と思いました。

納得の大画面!iPad Pro が登場!!

自分としては1番気になる新機種です。

スペックとか細かいところまで気になる方は他サイトをご覧ください

簡単に特徴をまとめると

  • 12.9インチの大画面ディスプレイ
  • デカいのにipad Airと同じ軽さ
  • カバーにもなる純正キーボードが使える!
  • Apple Pencilなる純正のペンが使える
  • 向きによって出力が変わる4つのスピーカー搭載
  • アプリを2画面に分けて使用できる

といったところでしょうか。

自分として1番良いなと思うのは、12.9インチという大画面だというところですね。12.9インチって・・・自分が使ってるMacBookと同じ大きさなんですけど笑。

まず、これだけ大きければ仕事用途にも十分ですよね。

そして、ipadを曲作りに活用してみたいと企んでる自分としては、このサイズ感は嬉しい限りなんですよ。画面が大きくないと作業はやりづらいです。

これだけ大きいと持ち運びしにくいという意見も出てきそうですが、そこは軽さと薄さでカバーしてると思います。

純正キーボードでタイピングもスムーズ

そして、純正のキーボードが使えるという点も素晴らしい。

仕事用に使うと言っても、タッチ操作で文章などを打つのはやはり効率が悪いですが、このキーボードが使えることで物理的なタイピングが可能になっています。

完全にSurfaceを潰しにかかっているような気もしますね・・・笑

しかもカバー代わりにもなるので、わざわざキーボードを持ち歩くという「手間感」すらなくなります。なんてスマートなんだ!

上の動画の中盤くらいで出てきますが、まるでロボットが変形するようなスタンバイの仕方ですね笑

これすごくね?本物のペンのように使えるApple Pencil

「Appleさん、そこまで仕掛けてくるか!」と思ったのがこのApple Pencilです。

要は今までもあったペンタブレッドみたいなものではあるのですが、その描き心地がかなりすごいと評判のようです。筆圧だけでなく、ペンの傾き具合によって太さが変わったりします!

一発でそのすごさが分かる動画がこちら

もはやペンですね。というハイテクな鉛筆ですねこれは。

ネーミングを「Apple Pen」ではなく「Apple Pencil」にした理由が良く分かりました。

ちょっとした落書きから本格的なスケッチまで出来てしまうんじゃないかな?

仕事でも画像の修正箇所とか間違いの指摘など、何かとペンが使えたほうが便利なことって結構有りますよね。

それにしてもどんな技術を使えばこんなことが出来るのか。。。優秀な人材や技術をお金をかけて集めまくったAppleだからこそ実現したのでしょう。

ちなみに日本での発売は11月とのこと。

自分はこれが1番欲しいと思いました!


他にも「Apple Watch」のニューカラーとか、Apple TVの新機種の発表もありましたが自分は部屋にTVがないので一向に興味がありません笑。Apple Watchもイマイチ活用の仕方が分からないですし。

いや〜それにしてもAppleさんは毎度のことですが、ワクワクを提供してくれますね。

スポンサーリンク
【iPhone6s】ワクワクが止まらないApple2015新機種【iPad Pro】
この記事をお届けした
樹クリエイションの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

フォローする